ARTHUR-AQUAMARINE's MEMO

メモ整理中。リンク貼り換え終了。読みかえし3章2まで中。


TOPスポンサー広告 ≫ 第5章 西洋現代の思想 >> 04 現代のヒューマニズム >> ① 現代ヒューマニズムTOPETHICS AND PHILOSOPHY ≫ 第5章 西洋現代の思想 >> 04 現代のヒューマニズム >> ① 現代ヒューマニズム
Edit
Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | Comments(-) | Trackbacks(-)
Edit
△ TOP
Edit
Edit

◇ 04 現代のヒューマニズム

  • ヒューマニズムの危機と、現代ヒューマニズムの特質を理解しよう。
  • 各活動家が実践したことと、その根底にある思想との関連を理解しよう。
  • 非暴力主義の流れと、運動の方法としてのその発展を理解しよう。

① 現代ヒューマニズム

ヒューマニズムの発達
 古代より、あらゆる思想はヒューマニズム ※(1)をその根底に持っているともいえるが、それが一つの明確な理念として主張されたのは、14~15世紀のイタリアに始まるルネサンスであった。ヒューマニズムの精神は、中世的な「神」中心の世界観が崩壊する中で、「人間」中心の世界観を確立するための思想や精神運動として展開されていく ※(2)
ヒューマニズムの危機と現代ヒューマニズム
(1) ヒューマニズムの危機
 しかし、20世紀に入ると、ヒューマニズムは危機の時代を迎える。高度に発達した科学技術や機械文明は、管理社会の発達と人間性の喪失を招き、核兵器などの大量殺戮兵器を生み、やがて環境破壊を激化させて人類を含む地球上の生命の生存を脅かした。自民族や自国中心主義の考え方は克服されず、利害対立や異なるイデオロギー、民俗・宗教間の対立などが常に新たな戦争の危機を生み出した。かつての帝国主義列強による植民地支配は、植民地における民族的な覚醒を促し、民族解放運動につながった。植民地独立後も先進諸国との経済格差はむしろ拡大し、工業開発に成功した国や資源の豊富な一部の国を除き、大半の発展途上国の国民は貧しいままに置かれた。
(2) 現代ヒューマニズム
 こうした状況の中で、深い人間愛や奉仕の精神に基づき、活発な実践活動を通じて人間性の擁護や回復をめざす人々が現れた。このような現代ヒューマニズムの実践的なあり方や思想的な表現はさまざまだが、人種や民族などの違いを超え、すべての人間が尊重されるべきだという考えや、戦争や暴力に反対する姿勢はほぼ共通している ※(3)
ヒューマニズムの発達
・ルネサンス時代…ヒューマニズム(人文主義
・近代…近代ヒューマニズム(人間中心主義)
・現代…現代ヒューマニズム(人道主義)
    =すべての人間の尊重、戦争、暴力への反対
注釈
(1) ヒューマニズム
ヒューマニズム(人間主義・人道主義)は非常に幅広い意味を含む言葉だが、一般的には、人間性を尊重し、人間性を束縛したり抑圧したりするさまざまな状況から人間を解放しようとする思想や運動のことである。人文主義・人本主義などさまざまに訳されるが、中でも古典文芸の復興を中心とするルネサンス期のヒューマニズムは、一般に人文主義と訳される。
(2) 人間中心の世界観の確立
デカルト以来の近代哲学や啓蒙主義の思想、社会主義や実存主義などの現代思想の運動の多くも、ヒューマニズムを哲学的に基礎づけたり、ヒューマニズムから力を得たりしている。
(3) 戦争や暴力に反対する姿勢
このような立場の現代ヒューマニズムは、特に人道主義と訳すことが多い。
Edit
△ TOP
TOP <<PRE ENTRY NEXT ENTRY>> TITLE LIST HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。