ARTHUR-AQUAMARINE's MEMO

メモ整理中。リンク貼り換え終了。読みかえし3章2まで中。


TOPスポンサー広告 ≫ 第4章 西洋近代の思想 >> 07 社会契約論 >> ① 社会契約論と自然法思想TOPETHICS AND PHILOSOPHY ≫ 第4章 西洋近代の思想 >> 07 社会契約論 >> ① 社会契約論と自然法思想
Edit
Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | Comments(-) | Trackbacks(-)
Edit
△ TOP
Edit
Edit

◇ 07 社会契約論

  • 社会契約論とその理論的基礎となった自然法思想の特徴と課題を理解しよう。
  • 服従契約へと至るホッブズと革命権を認めるロックの社会契約論の違いを理解しよう。
  • 直接民主制による平等な契約を目指すルソーの社会契約の意義と問題点を理解しよう。

① 社会契約論と自然法思想

絶対主義と王権神授説
 16・17世紀のヨーロッパは絶対主義の時代であった。官僚と常備軍に守られた国王が専制政治を行い、民衆に対し強大な権力を行使していった。イギリスではエリザベス1世が、フランスではルイ14世があらわれ、全盛期を迎えていく。
 このような絶対君主の支配を正当化していったのが王権神授説 ※(1)である。宗教革命によってカトリック教会の権威から独立を獲得した国家が、国民の権力は教会を経ずして神から直接授けられたものであるとして、人民は国家の権威に服従しなければならないと説いたものである。
社会契約論
 17・18世紀は市民革命の時代であった。イギリスそしてフランスと王権は倒れ、絶対主義の時代は終わりを迎える。その際に、王権神授説を批判し、革命側の理論的支柱となったのが社会契約論である。その基本的な考え方は、国家や政府が形成される以前の自然状態を想定し、個人が生まれながらに持っている自然権の確保を確実にするために、その構成員である個人が相互に契約を結ぶことによって国家や社会は成立したというものである。この社会契約論という国家観・社会観は、以前のそれと比較して以下の二つの特色を持つ。
(1) 政治社会を、人為的につくられたものであると捉えた
 近代自然科学の成立を背景に、「自然」概念は非人格化された。スピノザの「神即自然」のような考え方も現れてきた。それとは対照的に政治社会を人為的な産物としてとらえ、政治社会は人間によって形成されるものであるから人間が意識的に作り替えることができると考えた。この視点は、市民革命を精神的に準備していくことになった。
(2) 社会について原子論を採用した
 社会をいったん個々人のレベルまで分解し、そこから再び個人の契約によって社会を構築する方法を模索した。この考え方は、従来のアリストテレスの説いた社会的動物としての人間観や、トマス・アクィナスの説いた絶対的な神の定めた階層秩序としての社会観を否定したものである。
 よって、個人の自由と社会秩序がいかにして両立できるかが社会契約論の最大の課題となっていく。
自然法思想
 社会契約論の理論の基礎となった考え方が、自然法思想である。この思想では、人為によって、国王などが制定した実定法に対し、時代や国をこえて万人に当てはまる普遍的・恒久的な自然法 ※(2)が法律の基盤を為すと考える。そして、自然法に基づく自然権 ※(3)は、国家権力でも奪えないと主張された。
 自然法の起源は、古代ギリシアのストア派に求めることができる。ゼノンは、宇宙はロゴス(理性)によって支配されており、自然法もロゴスから生じると考えた ※(4)。中世のキリスト教神学を集大成したトマス=アクィナスは、自然法は万物を支配する神の世界統治の理念が人間の理性に刻印されたものであるとした。神の法は、信仰を持つ者によってのみ認識されるものであった。
 近代に入ると、オランダの法学者グロティウスが、自然法は人間が本来持つ理性に基づくものであるとして、自然状態や自然観を考察していった。具体的に彼は、公海(国家が領有したり排他的に支配することができない海域)自由の原則や、平時にも勝る戦時における国際法の必要性を訴えた。
注釈
グロティウス
- Hugo Grotius [1583~1645]
 17世紀、オランダの法学者。11歳でライデン大学に入学し、16歳で弁護士となった秀才。「近代自然法学の祖」、「国際法の父」と呼ばれる。主著『海洋自由論』『戦争と平和の法』。
(1) 王権神授説
王権神授説を唱えた理論家として、イギリスのフィルマー(1589頃~1653)やフランスのボシュエ(1627~1704)があげられる。
(2) 自然法
自然法を自然法則として探究する中から自然科学が誕生し、ニュートンらの科学的世界観へと発展した。
(3) 自然権
自然権の具体例として、生命・財産・自由・平等に対する所有・幸福追求などの権利があげられる。ここから現在の基本的人権の考え方が生まれた。
(4) ロゴス(理性)
宇宙や自然のみならず、人間にもロゴス(理性)が宿されている。よって、自然も人間本性も同じ nature という言葉で表現されている。
Edit
△ TOP
TOP <<PRE ENTRY NEXT ENTRY>> TITLE LIST HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。